自己肯定感を高めるのに適してるかも!! ~トップロープクライミングに挑戦してみました~

トップロープクライミングってご存じですか?

 

 

f:id:akarin5:20211121113510j:plain

 

 

この秋、家族で初めてトップロープクライミングに挑戦しました!

 

岩のガケを自分の力でクライミングし、ゴールにたどり着いたときの達成感や高揚感はなかなか得られるものではありません!

トップロープクライミングは、子どもたちや親の自己肯定感が高まるスポーツではないかと思いました!

 

 

 

 

トップロープクライミングとは?!

 

頂上地点を中間点としてロープを張り、スタート地点で安全確保をする人(ビレイヤー)がロープを端点を握り、別の端点はクライマーの命綱となってクライミングを行う方法です。

 

■あらかじめ最上部から確保されたロープをビレイしてもらいながら安全に登ることのできるクライミングスタイルをトップロープクライミングといいます。
■安全を確保された状況の中で、ロープワークや正しいハーネスの使い方を思えていきます。また高さに慣れる為にも初心者の練習には最適です。

 

 

ロープクライミングには、前述のトップロープクライミングとリードクライミングがあります。

リードクライミングは、ロープを壁にかけてあるカラビナ等に自分でかけながらクライミングする方法で、ロープクライミングより上級者が行うものです。

 

 

 

 

トップロープクライミングを屋外でするには、ガイドさんと一緒に!

あるいはクライミング講習等を検索しましょう!

 

 

屋外でロープクライミングを初めて行うには、クライミングが専門のガイドさんと一緒に行くのが安心安全です!

 

今回は友達の知り合いにガイドさんがいたのでその方にお願いしました。

もし身近にそのようなガイドさんがいない場合は、アウトドアショップのモンベルでもイベントが行われたりするので要チェックです!

 

event.montbell.jp

 

 

 

 

クライミングに必要な道具や服装はなに?!

 

 

屋外でのクライミングには、以下の道具や服装が必要です。

・ヘルメット

・ハーネス

・クライミングシューズ

・長袖長ズボン(岩でいろいろなところをするため)

・短く切った爪

 

クライミング用のシューズやハーネスはレンタルさせてくれるところが多いようです。またヘルメットについては、子どもたちは持っていた自転車兼スキー用のものを持参しましたよ!

 

また、岩場まで歩いていくため、山歩き用の靴や食料や飲料を入れるザックも必要になってきます。

寒い季節だと、他の人がトライしているあいだの待ち時間の間に、身体が寒くなってしまうこともありますので、防寒具やカイロなどもあったほうがいいかもしれません。

 

 

 

 

どうしてクライミングが自己肯定感を高めるスポーツと言えるのか?!

 

 

今回、初めての屋外でのクライミングをしてみて、子どものやる気スイッチが「がこーん!」と入るのが分かりました。

 

ゴールは目の前。

(というか頭の上(笑))

 

でもその途中途中には、手が滑ったり、足が岩に乗らなかったりと険しい道のりがある中で、一つ一つ目先の問題を解決していきながら、最終目標までの道のりを考えることが必要です。

自分の頭や体で短期的な問題を解決しつつ、長期的な目標をクリアする。

こういったことが、屋外のスポーツとして体感できます。

 

また、ロープを持ってくれているビレイヤーとともに、

「近くに手がかかるとこはありそう?」

「左足はどうしようか…」

 

などと話しながら、問いかけをしながら問題をクリアしていく。

まるでコーチングのようなスポーツなのです!

 

そして岩の上にあがった時の達成感は何物にも代えられません!

自分を信じ、ビレイヤーを信じた結果の頂上です!

 

 

 

帰りの車の中では子どもたちはぐっすり眠っていました(笑)

シンプルなスポーツですが、身体と頭を思いっきり使って疲れたのでしょうか。

 

今回のクライミングで、スポーツとコーチングやそれに伴う自己肯定感の向上がより密接していることを肌で感じた一日でした!

 

 

 

 

f:id:akarin5:20211121124056j:plain